2003年3月16日。

その猫さんを家族に迎い入れることを決めて、妹に話をすると大反対を受けてしまいました。
当時、妹の猫・チャメ婆ちゃんが高齢だったこと、そして同じメス同志であったことが理由でした。

そんなことを言われたって、もう決めているわけですから。

3月16日に。
実はあき坊が実家から来たのは、同年3月15日で私の気持ちの中には同じ年頃の猫さんがいるとあき坊も早く我が家に馴染んでくれるかな? という思いもありました。

まぁ、妹は激怒でしたが。(笑)

ペットショップでは、段ボールのキャリーバックに詰められました。
子猫や子犬が入る大きさです、ぱっつんぱっつん状態の猫さん。

こんな箱に入れて大丈夫なのかなぁ、キャリーバック持ってくれば良かったなぁ。

その心配は的中!! 車を走らせてすぐに『ここから出してーー』と空気穴?から、腕を出しまくりでの大暴れ。
当たり前ですよね、いきなりそんな小さな箱に入れられ、知らないニオイの車に乗せられ。
怪我でもしたら大変なので、車の中で箱から出しました。
結局家に着くまで車の中で、鳴くは飛び跳ねるはで運動会だったです・・・。

その後、家に着いた時車内でどうやって捕まえ、その小さな箱に入れたかは覚えていません。

まっ、それでもなんとか我が家の家族となりました。

e0256212_22473128.jpg

こんな風に暴れたのよ! えい!
[PR]
by maeeam | 2011-11-10 22:56 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)
<< 取り合えず2猫のこと。 アメリカン・カール。 >>