「ほっ」と。キャンペーン

何故か体重が減る。

2011年7月23日の日記に・・・。
「病院 体重4.05kg。変だ、4月より500gも減っている、体重計を見間違った?。先生は何も言わない。テレビの上に上がったりするから、運動量が増えたのかな。」

と書いてある。

そして、この日もう一つ、今までにないことがあった。
病院へ行く、キャリーバックの中で大量におしっこをもらしたのです。
なんだか、変だな?
と思ったが、掛かり付け医も体重減のことはないも言わないし。
たまたまトイレを我慢したのと、緊張でそうなったんだと。

その後、娘っ子は酷い便秘になりました。
普段も2日に1度のペースの猫さんですが、トイレに入って頑張っても出ない。
挙句にトイレが頑張っているうちに、力つきてへたり込んでいまう。
麦酒大好き妹に相談すると、お尻を刺激してみたら? と。
先代猫のチャメ婆さんがそうすると、トイレに行ったよーと言うので。
試したが、あまり効果はなかった。

変だ、変だ。何か変だ。

2011年8月2日の朝。
朝起きるて途端に、娘っ子がトイレに出たり入ったり。
やっぱり、何か変だな。

先代猫おっちゃんのお世話をしている、ジョジョジョョョーーーと変な音が・・・。
なんと、ソファの上で娘っ子が踏ん張りスタイルでおしっこです。
あれーー?
ただ、その格好はおしっこではなくて、ウンチを踏ん張っているのです。
ウンチ踏ん張って出なくて、しっこ??
その後、娘っ子は別の部屋で(トイレで無い所)ウンチを踏ん張ってました。
この時なんとかウンチは出たのですが、娘っ子は疲労困憊。
まるで、全力で数キロ走ったような顔色。

これはただ事ではない。
仕事なんて行っている場合でない!!
今後のことも考えて、「話の繋がる用事」を作り出して朝一で  病院へゴー――。

またまた、キャリーバックの中で大量のおしっこ。
ひょえーー。変だ。
だって、ついさっきソファの上であれだけしたのに。
とにかく、変変変変変変変変変変変 だー。

病院について、掛かり付け医に状況説明。
熱はない、体重が4kgジャスト。えっ??
あれだけ体重が落ちなかったのに、どうして僅か2週間でまた減るの?
掛かり付け医は、この時も体重減についてはさほど問題視しません。

私の心の声「先生、絶対変だからね!!!」

掛かり付け医はおしっこが染みたペットシーツに、何か試験紙?
の様なものをつけて、「んーー」考え込んでいました。
糖・たんぱく等を調べていた様ですが、異常は出ません。

私の心の声「先生!! なんとか言って!!」

掛かり付け医は、いろんな症例を考えていたのです。
まぁ、頭に血が上ってしまった私は、何も言わない掛かり付け医に

 んごーーー。  (激怒) でした。(苦笑)


膀胱炎の疑いも有きでしたが、お腹の中にまだウンチはあるので、まずそれを出す処置をしましょう。
と言うことになり、娘っ子を病院に預けて一旦か帰りました。

どうしても、私の頭に引っかかったのは異様な感じの体重の減りです。
自宅に戻って、4月の体重を確認すると4.55kgです。
わずか3ヵ月で600g減、ご飯はしっかりと食べているのにです。

すぐ病院へ電話をしました。
「体重の減りが気になるので、必要なら血液検査をして下さい。」

この日の夕方、お迎えに行きました。
一緒に帰れるーーーー とルンルン気分で。


まさか、あんな病気になっているとは。



e0256212_2024368.jpg

 がおけた顔の娘っ子。
e0256212_20221450.jpg

 この顔もいつもの顔ではない。 





今思えば、変な事はたくさんありました。

かなり前からは毛皮りの時期になっても、あまり毛が抜けない。
何故かジャンプが出来なくなった。

4月の健康診断時の血液検査では、問題はなかったのですが、このことが起きる2~3ヵ月前位から、娘っ子はよく水を飲むようになっていました。
毛が薄くなった感じそして、皮膚に弾力がなくなった?  など・・・。
[PR]
by maeeam | 2012-04-15 21:01 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)
<< 恐るべし副作用。 やっとこさっとこ、春です。 >>