西野屋敷。


e0256212_10534614.jpg

日曜日はニャイダーお世話ボラさんの後、西野屋敷(←勝手に命名)のお世話に行って来ました。
数週間前に猫達は、押入れ上部に開いた穴から天井へ逃げてしまい、一時はどうなる事かと冷や冷やしていましたが、ボランティアさん達の知恵で全ての猫達は、怪我することなく無事捕獲されました。
現在はツキネコの保護部屋・預かりボランティアさん宅でのケア、そして現地ではケージ内でケアと人慣れ修行中です。

詳しくは→ なにかれ貿易をご覧ください。


一部の猫さん達です。
e0256212_21472880.jpg

e0256212_2148932.jpg
e0256212_21475024.jpg

e0256212_21483263.jpg



※入院加療中の飼い主さんが、1週間後の退院が急遽決まり、この西野屋敷で生活され るようです。
 約2ヵ月もの入院後、飼い主さんがどれだけ猫達のお世話が出来るのか…。
 個人的に、いろいろと心配をしてしまいます…。 そんな中、一時預りのボランティアさん が、手を上げてくださり、数匹は預りさんのもとでケア・人慣れ修行が出来そうです。  

  
[PR]
by maeeam | 2013-10-15 11:26 | ボラさん | Comments(2)
Commented by 朔太郎と豆兄弟 at 2013-10-19 15:34 x
人間は一緒に暮らしている動物より健康でより長く生きなければなりません
これだけは絶対守らなければならない人間の使命ですね
Commented by maeeam at 2013-10-21 22:21
本当にそう思います。
病気に注意することはもちろんですが、怪我や事故にも十分注意をしなくてはなりませんよね。
<< 市民公開講座。 そろそろ、ストーブ点火?。 >>