市民公開講座。

10月20日(日) 北翔大学 北方圏学術情報センター【ポルト】 にて、
市民公開講座「小さないのちを救うために、いま、私ができること」 が開催されました。
e0256212_226758.jpg



当日はお手伝いも兼ねて行って来ました!
たくさんのボランティアさんとスタッフさん達が集結して、大きな会場を
どんどんと素敵に飾り付けを行い、とても華やかな雰囲気へ変わって行きました。
e0256212_22111084.jpg

e0256212_22575991.jpg

e0256212_22122926.jpg

e0256212_22113671.jpg

e0256212_22125255.jpg

e0256212_22132242.jpg


そして、午後1時より講演がスタート
e0256212_22151336.jpg

講演 
 「終わりなき日々の向こう側」
講師
 NPO法人 ツキネコ北海道 代表理事 吉井美穂子氏
e0256212_22103653.jpg



初めに吉井代表が初めて手掛けた、多頭飼育崩壊の案件の話…。
その多頭飼育崩壊の場所は、我が家の先代猫 おっちゃんこと 『くろ』 が
暮らしていた元の家です。
【飼い主行方不明で取り残された21匹の猫達の里親探し】
私も実際何度か行った場所で、当時はニオイこそ残っていたものの、
ボランティアさん達による、お掃除できれいになっていました。

スクリーンには当時の写真が映し出され、私もその時の事を思い出しながら、
代表のお話を聞いておりました。

そして、代表がその案件にかかわって3日目に撮影されたと言う
映像が流れたのですが…。

私はその映像を見て驚き、絶句して涙が止まりませんでした。
そこには、この世のものとは思えない室内。
(こんな事を言っては失礼なのですが…。)
家具・寝具・家電はそのまま取りのこされ、猫達の骨箱が放置され、
ありとあらゆるところが糞尿まみれ、恐ろしく不衛生な環境。
そして、そこに猫達がいるのです。

ところどころに入る、当時の代表の怯えたような声。

プログでもその時の事は読んでいたのですが、映像で見るとその壮絶さが…。
声にもなりません。


8月に初めてお掃除に入った、多頭飼育の西野屋敷。
代表が「屋敷よりマシ、あそこはきれいになるまでに2ヵ月かかったから・・・」と
お話されたのですが、その意味がやっとわかりました。

講演の後は、シンポジウムが行われました。
動物病院院長さんによる猫の行動についてのお話、
有名プログ家主さんのお話、
猫さんの保護活動を続けている方のお話。
たくさんのお話を伺うことが出来き、またいろいろな事を考えた時間であり、
充実した一日でした。

☆イベントスペースでは、パネル展示・カフェ・関連グッズ販売もありました☆

e0256212_22445054.jpg

e0256212_22465669.jpg
e0256212_22462456.jpg




♡おまけ♡
ツキネコカフェオリジナルコーヒーとミニクロワッサン
e0256212_22532055.jpg


美味しかったお弁当!
e0256212_2254870.jpg

[PR]
by maeeam | 2013-10-26 23:02 | ボラさん | Comments(2)
Commented by 朔太郎と豆兄弟 at 2013-10-28 07:35 x
ツキネコカフェの活動すごいですね
頭が下がります
Commented by maeeam at 2013-10-29 15:33
現在は啓蒙活動を重点的にされているようです。
<< 少し落ち着いた。 西野屋敷。 >>