肝機能障害。

猫はよく吐く生き物なのだそうです。

 吐いてもケロッとしている。
 数か月に時々吐く。
 吐いても食欲もある。

こんな状態であれば、あまり心配はいらないそうです。
 
うちの猫さん達の場合、あき坊は殆ど吐く事ありませんが、
娘っ子は、一気食いをしてゲコの多い猫さん。
あまりグルーミングをしないのに、時々毛玉を吐いていました。
それも、数か月に時々だったのですが、今夏以降なんとなく
多い感じで、でも毛玉も混ざっているし、元気もあって食欲もある。

ところが、この1か月位は1週間に1度は吐く。
毛玉は混ざっていない…??
元気はあるし食欲もある…。

でも、なんだか変だ。
特に先週は朝にゲコ、夜にゲコ。

一人で変だ変だと、頭を抱えていても仕方がないので、
昨日、病院へ ゴー!


問診で経過を説明し、診察開始。
触診異常なし、平熱。
目視での貧血もなし。
先生からは、いろいろな説明がありましたが、
まず、血液検査をお願いしました。

待合で待っていると、診察室の電気が消えたり点いたり。
エコーを掛けているようでした。
それが、長い…。
何度も、電気が消えたり点いたり…。
とても、嫌な予感。
 
はい、その予感が的中!
肝機能障害でした。
ALT 基準値 11~86 の所  179
AST 基準値 8~45 の所   55 

私の頭の中は真っ白~。
先生のお話も聞いているようで、聞いていない感じ。

実は毎年ワクチン接種の時に合わせて、血液検査も行っているのですが、
今年4月の血液検査で、肝臓の数値ALTが基準値を少し超えていました。
その時は、ヘパアクトを1カ月服用して基準値に戻ったのですが、
また、悪くなってしまったようです。
原因を特定するのには、手術で細胞を取って検査するそうです。
原因がわかったとしても、薬の治療になる事や、娘っ子の年齢が13歳
の高齢猫であるために、それはせず薬の治療を開始する事になりました。


あ~。
やっとなんとか、アトピー治療が終わって、薬や通院がなくなると思ったの
ですが、残念でなりません。
一番嫌なのは娘っ子…。

まず、1カ月頑張って薬を飲みます。
でもなぁ~、先生の話だと半月~1カ月間隔で血液検査? と言っていた様な
気がする…。
可哀想で仕方がない。



e0256212_12235231.jpg

  エコーでこねくり回されて、疲れ果てて眠る娘っ子です。
[PR]
by maeeam | 2014-11-23 12:25 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(2)
Commented by 朔太郎と豆兄弟 at 2014-11-23 23:37 x
ありゃりゃ、娘っ子さんお大事に!
ウチのだいずも腎機能がダメで週二回家で点滴
三週間ごとに血液検査してます
自転車で15分の病院に寒い中連れていかれるだけで
相当な負担だと思いますが頑張ってくれてます 
娘っ子さんもがんばれ!良くなりますように!
Commented by maeeam at 2014-11-24 20:07
娘っ子にエールをありがとうございます。
だいずさん、そうでしたか。
自転車で15分は結構な距離だと思いますが、どうぞ暖かくして通院してくださいませ。
だいずさん! 頑張りましょう!

<< ツキネコでボラさん修業 ④ 座る。 >>