癌との闘い。

掛かり付け医から、セカンドオピニオンとして
北大動物医療センターでの検査を勧められ
腫瘍細胞の検査と、CT検査を行いました。
e0256212_16393543.jpg

結果は…。
扁桃に出来た「扁平上皮癌」でした。
担当H先生のお話では、
この病気は進行が早く、おそらくここ1~2カ月で
症状が進んだのでしょう。
また、定期的に血液検査をしていたとしても、
猫の腫瘍マーカー検査はないので、
わからなかったでしょう。
と、言う内容でした。

本来であれば、手術で摘出するのが、
最善の治療ですが、娘っ子の場合
喉~首に掛けての腫瘍で、手術の危険度が高い為、
放射線で治療を行う事にしました。
放射線治療は、毎回麻酔をするため
リスクはありますが、このまま放置すれば、
腫瘍は大きくなり、窒息や嚥下障害となります。
放射線治療は、全部で4回行います。

今日はその1回目です。
e0256212_16325409.jpg
  頑張ろうね!
  

056.gifおまけ056.gif
地元に住んでいながら、あまり来た事のない北大。
広いし、緑がたくさんです。
e0256212_16383774.jpg



[PR]
by maeeam | 2016-06-06 16:04 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(4)
Commented by 朔太郎と豆兄弟 at 2016-06-07 09:42 x
(●o≧д≦)o頑張れェェェ!
Commented by maeeam at 2016-06-07 12:01
頑張ります!
ありがとうございます(^_^)ゞ
Commented by シンコ at 2016-06-08 13:06 x
早目に発見されてヨカッタです。
まさか自分の猫さんに…って思いますよね。
治療の効果が実りますように。
Commented by maeeam at 2016-06-17 16:56
シンコさん
こちらにもありがとうございます。
この病気の一番嫌な所は、進行がとても速いとか…。
放射線に賭けます!
<< 放射線治療第1回目と第2回目が... 頭が真っ白…。 >>