「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

空へと・・・。

朝一番で北海道動物霊園へ葬儀の連絡を入れた、9月3日午後3時の予約。
妹も早く来てくれた。 
が、「なんで、今日なの?」と少し怒っている。

何怒っているのかなぁ?と思ったが・・・。
「だって、亡くなったのは昨日だしさっ。夏だし、あまり長い時間置いて置かれないから・・・」
(そりゃ、私だって少しでも長く一緒にはいたい!でも、出来ないじゃない。何なの?)

実はこの時私は数日間の睡眠不足と緊張とショックで、日にちの感覚がまるでなかった。
私の頭の中ではおっちゃんが亡くなって、丸1日が過ぎていたのです。

妹は、
「今日の明け方に亡くなったおっちゃんを、今日中に火葬してしまう? ひどい!!!」
と思っていたそうだ。

そりゃ、まともな頭だったら絶対にそんなことはしない、するわけがない。


追記・実はこの日葬儀場に向かう道で車が故障してしまい、そのままレッカーにけん引され自宅に戻りました。
私と妹はレッカー車に同乗させていただき、おっちゃんはガタガタと揺れる我が車の中・・・。
気が気でなかったです(苦笑)。
この日のハプニングは、ちょっと笑い話もあるので別カテで書きたいと思います。



9月4日
朝、再度北海道動物霊園へ連絡。
お昼に空きがあると言うので、再度葬儀の予約をしました。

朝から2猫はおっちゃんが、眠っている部屋へ行ったり来たり・・・。
おっちゃんが体調を崩している時は、あれほど近寄らなかったのに不思議なものです。
私はずっと
「おっちゃーん、早く起きてよー。」
「起きないとだめだよー。」と言い続けたが、おっちゃんは起きてはくれなかった。

午前11時 インターホーンが鳴った。
北海道動物霊園からお迎えの車が来た。
おっちゃんを抱いて、妹と一緒に車に乗った。
今まで何度も猫さんを送ったが、自分で抱いて行ったのは初めてだった。
台風はおさまってきていたようだったが、まだ小雨が続いた。
車から見えた豊平川はものすごく増水していて、氾濫寸前だった。
約40分程で、葬儀場へ到着。

最後のお別れをして、おっちゃんは空へと・・・。
空はきれいに晴れあがっていた。

帰りは小さな箱に入ったおっちゃんを抱いて、最寄りの地下鉄駅まで送ってもらい、妹と別れて我が家へ。
玄関の鍵を開け中に入った途端、私はおっちゃんを抱いたまま大声で泣いた。
e0256212_234346.jpg
e0256212_2345164.jpg

e0256212_2351226.jpg

[PR]
by maeeam | 2011-12-27 23:59 | おっちゃん | Comments(2)

ツキネコボランティア。

妹は長年連れ添ったチャメ婆ちゃんのお見送りから、ペットロスへとまっしぐらとなっていたのですが、最近ツキネコカフェでボランティアさんを始めました。
仕事の休みの日のみのお手伝いのようなので、週1回程度のボラさん活動ですが、とても楽しそうです。
特に「ねねちゃん」のお世話をするのがうれしいみたい。

e0256212_2234655.jpg

[PR]
by maeeam | 2011-12-27 22:15 | 麦酒大好き妹 | Comments(0)

クリスマスケーキ。

e0256212_156534.jpg


私はここ最近、あまりケーキを食べません。
嫌いではないのですが、段々食べなくなったと言いますか・・・。
若い時はバイキングで、5個位平気で食べていたのですけどね。(笑)

ただ、クリスマスケーキだけは別なんです。
これだけは、絶対に!何が何でも食べます。
もちろん、一人で!


子供の時、父が勤務先からもらってくるクリスマスケーキ!
(個人経営の会社でしたが、福利厚生は結構良い会社でした。)
年に1度ワクワクしながら、父の帰りを待った日!
(父には申し訳ないのですが、クリスマスケーキを待っていました。)

当時は生クリームなんぞまだない時代です、バタークリームのクリスマスケーキでした。


最近そのバタークリームのクリスマスケーキが食べたくて、食べたくて・・・。

ついに今年はコープさっぽろから、日糧パンが作ったクリスマスケーキを買いました。
なんとも、もったりとしたバタークリームに覆われたお姿!
スポンジの間に塗られている、アンズジャムかさっぱりとして美味しかったです。

もう、半分食べてしまいました。
[PR]
by maeeam | 2011-12-24 15:39 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

2011年9月3日。

ぼーーっと、テレビを見ていた。
強い台風が近づいているようで、天気予報では警戒を呼び掛けていた。

日付が変わり、9月3日午前2時10分。
おっちゃんに、突然大きな痙攣が襲ってきた。
大きく身体がのけ反る、ガクガクと口が揺れる。
おっちゃんの身体を抱き、「大丈夫だよ。」と小さく声を掛けた。

一瞬動きが止まった。
私の頭は真っ白・・・。
「え?」
そして、午前2時15分。
おっちゃんは全ての動きを止めた。
おっちゃんをゆっくり、座布団の上に戻て寝かせた。
身体を撫ぜ、瞼を撫ぜた。
お口が開いたままなので、ゆっくりと撫ぜて閉じた。
身体はもっと小さくなった感じがした。

おっちゃんには可哀想だったが保冷剤を身体の近くに置き、お線香がないからお香を焚いて、お水を置いた。

私は涙が一つも流れず、もくもくとそんなことをした。

午前3時頃、妹にメールを打った。
すぐに妹から電話が入ったあまりにも突然のことで、嘘だと思ったそうだ。

「そうだな、驚くよな。」
妹と電話で話をしていても、私の目からは相変わらず涙が一つも流れなかった。
頭の中は真っ白で、何も考えていなかったような気がする。

2猫達はおのおの眠っていた。
不思議だった。
私も眠った。
[PR]
by maeeam | 2011-12-22 23:52 | おっちゃん | Comments(3)

2011年9月2日。その2。

5時頃にそろそろ、2猫達のご飯を用意しようとキッチンへ立った。
そうすると、「あーあー」とやはりきれいな細い声でおっちゃんが呼ぶ。
きっと、体力がなくてお腹からの声ではなかったのだと思う。
人も体調が悪いと、大きな声って出せなくなったりするから。

おっちゃんのそばに行く、目をキョロキョロする。
耳元で「おーーい、元気かい?」と声を掛けると、突然おっちゃんが痙攣してしまいガクガクと口が動いて、身体が反り返ってしまった!
あわわわわわーーーー。
びっくりして、抱きかかえるとおさまった。
あせった。
おっちゃんもびっくりしたようだった。
少しブドウ糖を飲ませた。

落ち着いたのでキッチンへ戻る。
また、「あーあー」と呼ぶ。
何か苦しいと言うことでもないみたいだが・・・。
その時おっちゃんがいた場所は、ちょうどキッチンが見えなくなる場所だったので、おっちゃんをキッチンが見えるほうへ移動した。
気のせいか、おっちゃんが呼ぶことが減った感じがした。

この時、不思議だったのは2猫達。
おっちゃんがいつもと違う場所にいるのに、まったく寄りつかないのだ。
まぁ、それはそれで良かった。
寝たきりのおっちゃんにとって、2猫達が寄りつけばストレスにもなったはずだし。

私はテレビを観ながら、おっちゃんのそばにいた。
うっかり少し大きめの声を掛けてしまい、何度かガクガクさせてしまった。(馬鹿だな・・・)

身体はまだ温かかった・・・。

夜8時を過ぎた頃から、おっちゃんは少し辛そうに息をするようになった。
口で『はぁ、はぁ』と息をする。
ブドウ糖を飲ませる、かろうじて飲みこむ。

その後、少し意識がなくなっていくような感じがした。
シンドイだろうな、何もしてあげられない。
身体を擦ることしか出来ない。

そばから離れることは出来なくなった。
『はぁ、はぁ』と辛そうに息をする。
 
[PR]
by maeeam | 2011-12-22 23:51 | おっちゃん | Comments(0)

2011年9月2日。その1。

夜が明ける頃には、もう旋回行動はしなくなっていた。
その変わりに、おっちゃんの意識がはっきりとしている感じ。
しっぽをバタバタと動かし、目をキョロキョロと動かす。
昨日までは焦点の合わない目つきだったのに、私が目の前に行くとわかっている!
この時、私は少し喜んだ。
「もしかしたら、良くなるかな?」と、しかしそうではなかった。
意識はハッキリしているが、寝たきりとなってしまったのだ。
しっこも寝たままとなった。
なんだか、一回り小さくなってしまったおっちゃん。

でも!動けないのなら、それはそれで看護の仕方がある!!
喉も乾いているだろう、旋回行動が始まってからはろくに水も飲んでいない。
まず、ポンプでブドウ糖や水を飲ませる。
飲む! よし! よし!

私がそばから離れると、鳴いて呼ぶ。細いキレイな声で「あーー」と呼ぶ。
この日も仕事には行かなくてはいけない。
本当に切ない! そばにいてあげたい!!
でも、1日この状態で置いておくのは決して良くない。
寝返りをうてない状態だし。
お昼で早退することを決めた。
この状態でおっちゃんが起きあがることは考えられないが、2猫達が寄らないようにサークルを回して、おっちゃんの頭を少し高くし周りが見えるようにして出掛けた。

「すぐ帰るからね、待っているんだよ。」
おっちゃんは目をキョロキョロと動かした。

午後1時で早退。小雨が降り蒸し蒸しとした。
室内はそんなに暑くはなかった、おっちゃんは起きていた。
やはり、寝返りはうてないようだ。
朝と同じように、しっぽをバタバタと動かし目をキョロキョロさせる。
しっこは出ている。
まず、身体を少し起こしてブドウ糖を飲ませる。
決して沢山は飲めないが、自分から飲む意志はある。

携帯電話を会社に忘れて来た! 馬鹿だ。
「明日取りに行こうかな?」と思ったが、なんとなく「今日の方が良いな。」と言う気持ちが強くて、車を飛ばして30分弱で戻った。

その後も、おっちゃんには大きな変化がなかった。
身体の向きを変えたり、ブドウ糖を飲ませたり、話かけたりして時間を過ごした。
おっちゃんの表情が随分と柔らかくなった感じがした。
e0256212_21334188.jpg

[PR]
by maeeam | 2011-12-22 23:50 | おっちゃん | Comments(0)

ツキネコダーク。

先週の金曜日は、妹とツキネコダークでした。

昼間は里親さん希望や、保護の問い合わせ等で結構お忙しいのですが、ツキネコダークはちょっと雰囲気が変わってなんとも落ち着いた感じです。

妹と雑談をしつつ、美味しい食事やビールを楽しんでいました。
暫くすると吉井さん(りんだ隊長)と、ボランティアのCさんが帰って来ました。
Cさんはお屋敷のボランティアもされていたので、おっちゃんのことは私より詳しい方です。

この日もちょっとしたお屋敷時代の、おっちゃんのことをお話してくれました。

 「結構小さい猫さんがそばにいる事が多かったんですよ。一緒に寝ていることもあってね。
 ただ、よだれが凄かったので、小さい猫さんの身体がよだれでガビガビになってー
」 
 
 思わず、大笑い!  
「でもね、ご飯を食べている時に小さい猫さんが近づくと、う゛ーーーと唸ることもあったんですよー」
 

このお話には少しびっくり。えー、あのおっちゃんがチビっ子を威嚇!
そっか、そんなこともあったんだなぁー。

チビっ子にご飯を取られまいとして、威嚇をしたのでしょうか?
猫社会の上下関係を、チビっ子に教えていたのでしょうか?

我が家にいた時、あき坊や娘っ子がそばに寄っても、決して唸り声などあげたことのないおっちゃん。
自分から【すーー】と目をそらす、猫マナーを守っていれていたダンディーなおっちゃん。

私の知らないおっちゃんの姿を、知ることが出来て嬉しかった!

e0256212_2244019.jpg

※上記の写真は、お屋敷ブログよりお借りいたしました
[PR]
by maeeam | 2011-12-22 22:50 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

名前。

娘っ子の名前は【カール】と言います。
初めは「はる」にしようと思っていたのですが・・・
あき坊と並べて、【はるあきコレクション】と言うことで・・・(苦笑)

が、すでに成猫であったこと。
ペットショップで【カール】と呼ばれていたこと。
一日も早く我が家に慣れてほしかったこと。

この3点セットで、そのまま【カール】としました。

掛かり付け医の院長先生には『そのままですねー』と言われてしまいました。
はい、まったく芸の無いことです・・・。

e0256212_21411942.jpg

ふん!
[PR]
by maeeam | 2011-12-19 21:41 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

真剣に見つめる。

Hさん宅の猫さんライブを、真剣に見つめる。
e0256212_20335893.jpg

ん?

e0256212_20342449.jpg
e0256212_2034512.jpg

いっぱい、いるよー。
e0256212_20351155.jpg


僕もあそこに行ってみたい。
[PR]
by maeeam | 2011-12-18 20:39 | あき坊 | Comments(0)

2011年9月1日。

残暑だった。
おっちゃんの旋回行動は、朝になっても同じ状態だったが仕事に行かなくてはいけない。
妹からの「9時にはこっち出ます。」とメール。こちらには遅くとも10時には着くはず。
心配で頭が変になっていたが、いつも通り8時10分に自宅を出た。


午前中にY動物病院に連絡した。
タイミングよく、Y先生がお電話に出てくださった。
旋回行動のことをお話すると、電話口で一瞬間があった感じがした。

私「あのままでは疲れきってしまいます、何か落ち着かせるお薬はないのでしょうか。」
Y先生「まず、診察しなくてはいけないです。お薬はありますが、それを使うとそのまま眠ってしまうことも考えられます。(つまり、そのまま死んでしまう)」


Y先生も随分心配して下さったが、まず少し考えますとお返事した。

午前中 妹からのメール
あまりの変化に驚いた様だった。
体力消耗を防ぐため、おっちゃんのスペースを作り直した。と連絡
午後2時36分 妹からのメール
「随分、しっこするね。私がついた時に1つあって、それから2つ。3つ目は寝たままだ。」

【寝たまま??】

午後3時27分 妹からのメール
「昼以降、ほとんど動かない。厳しい感じがする。」
 このメールには写真が添付されていた、妹が作ってくれた寝床に横たわっているおっちゃんの姿。

【朝とは様子が全然違う・・・】

午後6時 自宅に戻ると妹が、まだおっちゃんに付いていてくれた。
「とても、このままおいて帰れなかった。今夜大変かもしれない。」
妹には感謝の気持ちで一杯です。暑い中、遅くまで看護してくれて・・・。


この後の事は、メモもなくて記憶も曖昧と言うか、断片的だ。
ただ、おっちゃんの側から離れることは出来なかった。
旋回行動は多少あったと思うけれど、前日程ではなかったような・・・。
そして、この日も私はおっちゃんと一緒に居間で寝た。
おっちゃんを座布団に寝せたり、時には膝の上に乗せたりして、いろんな事をお話した。

もしかしたら、朝までもたないかもしれないなぁ。と思いながら・・・。
この旋回行動が始まってから、ご飯はもちろん水分も殆ど取ることが出来なかったし。

明け方少しボーーっとした頭で、新聞配達のバイクの音を聞いた。
おっちゃんは、何だかとても静かだった。

e0256212_22384065.jpg

そんなこともあったな。
[PR]
by maeeam | 2011-12-14 22:45 | おっちゃん | Comments(0)