<   2012年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

なんじゃ こりゃ。

朝起きて居間のカーテンを開けてびっくり!
一瞬、 泥棒 でも入ったのか? と思いました


e0256212_2145366.jpg
e0256212_21453116.jpg

我が家は7階建てマンションの1階ですが、数年前にドレン管が凍結で破裂してから毎年の様に破裂したり、2階とのつなぎ目が外れたりしていました。
今年は昨年2階とのつなぎ目を【ガッチリ】止めたのが裏目に出た様で、隣室との防火戸へ被害がおよんでしまったようです・・・。



e0256212_2146912.jpg

塀に固定してある金具ごと、ドレン管が外れています。
※写真は今日の夕方撮影したものです、朝よりも防火戸の破損が進んでいました。

 皆さま、凍結にはご注意下さい。 
[PR]
by maeeam | 2012-01-31 22:00 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

アレルゲン。

娘っ子のアトピーのアレルゲンは

アシブトコナダニ と ケナガコナダニ  ・・・・。
ダニ・・・ダニ・・・・。

掛かり付け医は
「普通のダニとは違います。ハウスダストなので、小さな小さなものです。そして、どこにでもいるものですから駆除は難しいです。」
んー、でもなダニかー。
ダニが出る家なんてなぁー。悶々。


実は私自身、アレルギー持ちで呼吸器系疾患があります。
呼吸器科の先生には「アルゲンと暮らしているのですから、掃除はこまめにしましょう!」
と言われているので、毎朝簡単に掃除機や○○ワイパーをザーッと掛けて仕事へ行くのですが・・・。
 それでも、ハウスダストかぁぁぁーーー。
あぁぁぁーーー。 



掛かり付け医での治療を受けていても、なかなか症状が落ち着かない娘っ子。
私はネットでペット相談を受け付けてくれる病院や、アレルゲン検査をした検査機関のHPでの相談など、もう手あたり次第いろんな所に相談しまくりでした。
それらから受けたアドバイスを試してみても、娘っ子の症状は相変わらずでした。
常に、ポツポツと湿疹が出て、それを掻いてはカサブタになる。
本猫が一番辛いのですが、私まで異様に神経が尖がってしまっていました。
娘っ子が、カキカキしだすと  「こぉぉーーれ。」 と常に口にしていました。
可哀想なもんです、痒いから掻くのに。
掻けば、文句苦情を言われて・・・。

そんな時だったと思います。
ある健康番組で【チャタテムシ】の被害を知ったのは・・・・。
ぞっと、しました。
その【チャタテムシ】は次の回で!


e0256212_2210549.jpg

「おばさーん、それはお茶をたてる虫さんなの?」

「いいや、お前に大きな被害を与える虫だよ。とらじま頭巾ちゃんや、ふぉっほほーーー。」
[PR]
by maeeam | 2012-01-30 22:43 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

まるで、子猫。まるで、オヤジ。

あき坊は今年8月で9歳位になる猫さんです。
9歳と言えば、そろそろ高齢猫さんとなってきますが・・・。
ちょっとした時に、みせる顔は「まるで、子猫。」の様な愛らしさがあります。
e0256212_2232268.jpg


でも・・・。











うっかりすると、「まるで、オヤジ。」です。
e0256212_2233129.jpg

[PR]
by maeeam | 2012-01-28 22:35 | あき坊 | Comments(0)

尻尾。

ある朝、ふと見ると娘っ子が尻尾を振り回して、あき坊にチョッカイを掛けていました。
これはわりと珍しい光景です、大抵はあき坊からチョッカイを掛けるので。

e0256212_14264085.jpg

娘っ子「ぶんぶん~」

e0256212_14264927.jpg

娘っ子「なーんだ、遊ばないの?」
[PR]
by maeeam | 2012-01-26 19:01 | 日々の猫達 | Comments(0)

暖を取る猫。

e0256212_1414433.jpg

ストーブの前を陣取り、おっちゃん愛用の座布団で寝る あき坊。
[PR]
by maeeam | 2012-01-26 19:00 | あき坊 | Comments(0)

アトピー確定。

娘っ子の症状は春先から夏にかけて発疹が出来る。そして、秋から冬にかけては症状が治まってくる。

「食物アレルギー」の疑いで、さまざまな療法食を試しても、塗り薬を塗ってもなかなか症状の改善がない。

そんなことを繰り返して、2009 2008年の初夏。
娘っ子の湿疹は頭部~首へと広がり、患部を掻き毟ったことで、皮膚は掻き壊され、脱毛そして酷い炎症状態となってしまいました。

この時、掛かり付け医が休診で連絡が付かず、緊急で別の動物病院で処置を受けました。
その病院の先生からは「アレルギー検査をして、アレルゲンを特定したらどうか?」とお話がありました。

実は、掛かり付け医からは「アレルギーの血液検査」のことは聞いていました。ところが、あまり検査の精度が良くないこと、結果が出たとしてもアレルギーは対処治療しかないこと、費用が高額であるなどの理由で、掛かり付け医は積極的に検査をすすめて来ませんでした。
 しかし、こんな状態をいつまでも続けるわけにはいかない!! 

掛かり付け医で相談をするといろいろと調べて下さり、信頼性の高い検査機関への検査依頼と、東京にあるペットの皮膚科専門医への遠隔診断を受けることになりました。


その結果、娘っ子は「食物アレルギー」ではなく「アトピー」であることが判明しました。
その後は掛かり付け医を通して、皮膚科専門医の指示でステロイド剤(レダーコート)を飲むこととなったのですが・・・・。



e0256212_2224865.jpg
e0256212_22242924.jpg

※この写真は状態が少し落ち着いた頃。
[PR]
by maeeam | 2012-01-24 22:50 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

食物アレルギー?。

娘っ子の頭部に発疹が出始めたのは、3才~4才位の頃で当時は「食物アレルギーの疑い」でした。
食事はそれまで食べていたドライフード、そしておやつ程度にあげていたウェットは全て禁止となり、アレルギー療法食への切り替え、そして抗ヒスタミン剤(内服のかゆみ止め)と塗り薬で治療を始めました。

それまで食べていたドライフードは【ヒ○ズのw/d】 (肥満ではありませんが、我が家の猫さんはどちらかとふくよかになる傾向があったので、それを知っている掛かり付け医に初めからこの食事を指定されていました・・・笑) でカロリーは低めでしたが、療法食は普通のカロリーなので、娘っ子は少しずつふくよかに・・・。
もちろん、あき坊の食事も≪付き合い≫で療法食となり、こちらもふくよかに・・・。

e0256212_214192.jpg

2006年頃の娘っ子
この頃は季節的に発疹が出来ていた。
[PR]
by maeeam | 2012-01-22 21:52 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

ニャイダーハウス。

今日は暫くぶりに、ニャイダーハウスへ行って来ました!
お屋敷卒業猫さんの「あずきな」爺ちゃんは元気でしたよ。
e0256212_20193955.jpg



今「ツキネコカフェ」の吉井さんそしてボランティアさん達は、愛猫30匹を残し病気で急逝してしまった方の、猫さん達を助けるために活動をしています。

今日訪問した「ニャイダーハウス」では、その猫さん達と会うことが出来ました。
皆成猫のようですが飼い主様が、たくさんの愛情を注いでいたことが良くわかります。
環境が変化したことで少しストレスを抱えている猫さんもいるようですが、スタッフ・ボランティアさんのケアで落ち着いてくれると思います。

その中に「おっちゃん」(が若く健康であれば、こんな感じだったと思う)と良く似た猫さんがいました。
身体が大きくてグリーンの目、じっと見つめるその瞳に私の心は「キュン」となりました。












e0256212_20484836.jpg

 「浮気はダメだぞ!」 
※お屋敷ブログから写真をお借りいたしました。
[PR]
by maeeam | 2012-01-21 20:54 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

ふーみ、ふみ。

何気に後ろを見ると・・・。

e0256212_21244428.jpg
 なぁに?
※娘っ子のそばに鎮座するあき坊。


e0256212_21254426.jpg

♪ふーみ、ふーみ。もーみ、もーみ。
※娘っ子は気が付かず爆睡中。


○特別出演○
e0256212_21364030.jpg

【皆の衆、元気か?】 うひゃ、うひゃ。
[PR]
by maeeam | 2012-01-19 21:39 | あき坊 | Comments(0)

ぎょ。

先日の夜中の出来ごとでした。
e0256212_21211725.jpg

びっくりしたなぁ、もう。
[PR]
by maeeam | 2012-01-19 21:22 | あき坊 | Comments(0)