<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

インシュリン注射。

2011年8月6日(土) 午後6時お迎え!
まず、掛かり付け医から、今後の治療方針などについて説明がありました。
なんと、自宅でインシュリン注射をして下さい。
 「・・・・、注射??」 



注射器具は人間と同じものを使うそうです。
その器具は極細針のワンプッシュタイプ注射筒なのですが、掛かり付け医にはその在庫がなく取り寄せ中で、その間は普通の注射筒を使って下さい・・・・と。


一瞬、息を飲みました。
でも、これをしなければ娘っ子は退院も出来ません。

注射の手順などを教えて頂き、病院スタッフ猫さんで練習をさせてもらいました。
掛かり付け医指導の元、スタッフ猫さんの肩甲骨間の皮膚を引っ張り、プツンと注射筒を刺しました。(この時使用したのは、生理食塩水です)
緊張!!!スタッフ猫さんは、私の緊張がわかるのか「ん。」と声を出していましたが、なんとか終了~。
掛かり付け医からは、大丈夫ですよ! とお声が掛かりましたけれど。
はぁぁぁーーー、汗かきまくりです。
そして問題のアトピー治療は・・・。
インターキャットを試してみましょう!
インターキャットは糖尿病の経過観察と合わせて、週1回インターキャットを注射することになりましたけれど、アトピー治療はあまり症例がないそうで、掛かり付け医も少し不安みたい。



そして、娘っ子を連れて我が家へ。
あき坊は娘っ子を見るなり「にゃーー」と鳴いて近寄っていきした、数日間「ビャービャー」と鳴いていたのがピタリと止まったのであります!

娘っ子は帰宅してから、結構興奮状態でカリカリをガツガツ食べて・・・。
案の定全部出ました(笑)。

その後注射はワンプッシュタイプで行うようになりましたが、これも緊張の連続!!!
e0256212_1546539.jpg

 インシュリン用の注射筒とワンプッシュタイプの注射筒







e0256212_1610164.jpg

 インターキャットと注射筒

















e0256212_1632667.jpg

 もう、N先生と会いたくない。 


e0256212_1664610.jpg

 病院行かなきゃだめだよ、治らないよ。
 僕がお留守番しているからさぁ、安心して行って来てよ!





あき坊・・・。君ってやつは・・・。
[PR]
by maeeam | 2012-04-29 19:00 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

だんまや水産。

1年ぶりに友人と会いました。
だんまや水産で食事!
この居酒屋さんは、結構お気に入りです。
新鮮でお値段もお手頃! 昨日もすごく混んでいましたよ。

e0256212_1517118.jpg

お通しとビール!
e0256212_15175324.jpg

お刺身とカニ(松葉カニ?)




この他に、なすとキュウリの浅漬け、えび・白身魚・ししとうの天ぷら、握り鮨2種、フルーツ(夏ミカン)
飲み物は飲み放題コースで、ビールとワインを頂いて来ました。
ワインがロックかソーダー割?? 今流の飲み方なんでしょうか?

だんまや水産
[PR]
by maeeam | 2012-04-29 19:00 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

春? 初夏?。

今日は暖かいを通り越して、少し暑いくらいの気温となりました。

午前中仕事で外に出ると、気持ちのいい風が吹いていましたよー。
JRタワーも気持ち良さそう~。
e0256212_11511988.jpg







そして、会社に戻る途中にデパ地下をブラブラ。
お菓子売り場で

 「ん?」   
カステラの切り落としです。
なんでも、水曜日限定で並ぶ商品なのだそうです。
e0256212_1155565.jpg

3つも買ってしまった・・・。



柳月さん
[PR]
by maeeam | 2012-04-25 20:00 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

インシュリン量が決まった!。

掛かり付け医には
「退院の日まで、お見舞いに来ません、変わりがなければお電話もいりませんので。」
なーーんて、言って来たけれど。
実は次の日には病院からの電話を待っていた。
でも、電話は無かった。
 
はぁーーー。 
(溜息)

あき坊は、今朝になって娘っ子がいないとはっきり分かった様で。

 変だ。変だ。 と、

私の顔を見ては、不安気にずっと鳴いているし。

e0256212_21593956.jpg

 だって、だって。いないんだもん!



なんだかんだと言っても、「居て当たり前」の関係なんだなぁーと少し微笑ましかった。

そして、8月5日午後7時10分! 掛かり付け医からの電話がキター。
(時間をはっきりメモしてある、笑)
「治療検査は順調で、インシュリン量も決まりました。明日、退院出来ます。
尿病食も食べてくれていますし、ちゃんと治療もさせてくれていますよ。」


やったーーーーーーー。
お迎えだーーーーーー。













この頃は、おっちゃも体調が芳しくなかった。
e0256212_2275438.jpg

 そうだな。なんだか、パッとしなかった。
 でも、今は元気にしているぞ!


「くろーー、逢いたいよ。たまに遊びに来てよーーーー。」(泣)
[PR]
by maeeam | 2012-04-22 22:13 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

おもしろいパン。

スーパーでこんなパンを見つけました。
ヤマザキさんと不二家さんのコラボ?

e0256212_10313696.jpg


他にストロベリー味とキャラメル味が並んでいたのですが、バナナ味が一番多く残っていましたので、バナナ味をお買い上げして来ました。

不思議な味なのかな?


パッケージの下に、
『ルックチョコレートを1個トッピング』 と書いてあることに気が付かず、突然チョコレートが出て来てびっくりーーー(苦笑)


お味はもちろん、バナナ味のクリームでした。
意外と? 美味しかったですよー。



ヤマザキさんの≪今月のおすすめ商品≫をご覧下さい。 ↓
今月のおすすめ
[PR]
by maeeam | 2012-04-20 20:00 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

恐るべし副作用。

午前中に娘っ子を「便秘処置」で掛かり付け医に預けて、お迎えに行ったのはその日の午後6時30分。

他の患者さんがいなかったので、すぐ診察室へ呼ばれました。
診察室に入ると・・・。
あれ?娘っ子・・・・・は?
いない・・・。
なんだか、いやーーーな予感。
なんだろ、なんだ?

間もなく掛かり付け医が来て、今日の検査について説明がありました。

「便秘処置は済みました、その後血液検査をしたのですが・・・。
糖尿病でした。
血糖値が異常に高い、そして、中性脂肪値も高いです。
レダコートの副作用と思われます。」

 私は頭がまーーーっしろ。 

もう、レダコートは使えない。アトピーが悪化する可能性があること。
遠隔治療を受けている獣医師からも、レダコートを中止して糖尿病の治療を優先するように指示が出たこと。
低血糖が考えられるため、食事療法ではなくインシュリン治療が必要である。
ただし、娘っ子の身体に合うインシュリンの量を確定するためには、インシュリンを注射して2時間起きの血液検査で、数日間連続で行わなくてはいけない。

 2時間おきーーー??
 数日間??
 



猫さんはストレスで血糖値が上がりやすいので、出来るなら入院ではなく通院での検査が好ましいそうですが、私の場合仕事もありそれは難しいため、数日間入院しての検査となりました。

「でも、毎日お見舞いに来れば良いんだ!」 と思っていたのですが・・・。

説明が終わり、入院病棟へ案内されました。
こちらには10年以上お世話になっていますが、病棟へは初めて入りました。
ケージ(病室は4つ)で、娘っ子が!!

ぶーーーっと怒った顔。
私の顔を見ると今までに、聞いたことのない悲しい声で鳴きます。
(涙が出た)

その顔を見ると
「こりゃー、毎日お見舞いに来たら、かえってストレスになるのでは?」

そのことを掛かり付け医に相談すると。

「実はそれをお話しなくてはと思っていました。○○ちゃん(娘っ子)は、とても神経質で依存心が強いです。ですから、○○さん(私)がお見舞いに来てそのまま帰ってしまうと、
置いていかれた!!
と言う不安から、ストレスが増えてしまうかもしれない。それによって、正確な血糖値が測定出来ない可能性があります。
少しの間寂しい思いをさせますが、猫は諦めが早い動物なのでそれに(お見舞いなし)掛けてみたいのですが。」

とても切ないことでしたが、心を鬼にしてインシュリンの量が確定される日まで、お見舞いに来ないことにしました。
病院からの帰り道、車のハンドルを握りながら、涙が止まらなかった。
依存しているのは、私なんです。 

e0256212_22403093.jpg

 僕の存在をお忘れなく。













※娘っ子は2ヵ月位前から時々、立っている時やへそ天で寝ている時に、足がガクガクと震えることがありました。それは低血糖の症状だった可能性があるそうです。
糖尿病は高血糖の時は急激に危篤状態(意識がなくなる等)にならないそうですが、低血糖の時突然意識がなくなったりして危険なんだそうです。

※私の勝手な解釈ですが、便秘になったのは糖尿病発症のため、急激な体重減少や低血糖状態で体力がなくなり、踏ん張ることが出来ないためだったのではないのかなぁ?
トイレでない所でウンチをしたのも、砂の上だと踏ん張ることが出来なくて、床の上だったのかなぁ?
と思っています。

[PR]
by maeeam | 2012-04-18 23:15 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

何故か体重が減る。

2011年7月23日の日記に・・・。
「病院 体重4.05kg。変だ、4月より500gも減っている、体重計を見間違った?。先生は何も言わない。テレビの上に上がったりするから、運動量が増えたのかな。」

と書いてある。

そして、この日もう一つ、今までにないことがあった。
病院へ行く、キャリーバックの中で大量におしっこをもらしたのです。
なんだか、変だな?
と思ったが、掛かり付け医も体重減のことはないも言わないし。
たまたまトイレを我慢したのと、緊張でそうなったんだと。

その後、娘っ子は酷い便秘になりました。
普段も2日に1度のペースの猫さんですが、トイレに入って頑張っても出ない。
挙句にトイレが頑張っているうちに、力つきてへたり込んでいまう。
麦酒大好き妹に相談すると、お尻を刺激してみたら? と。
先代猫のチャメ婆さんがそうすると、トイレに行ったよーと言うので。
試したが、あまり効果はなかった。

変だ、変だ。何か変だ。

2011年8月2日の朝。
朝起きるて途端に、娘っ子がトイレに出たり入ったり。
やっぱり、何か変だな。

先代猫おっちゃんのお世話をしている、ジョジョジョョョーーーと変な音が・・・。
なんと、ソファの上で娘っ子が踏ん張りスタイルでおしっこです。
あれーー?
ただ、その格好はおしっこではなくて、ウンチを踏ん張っているのです。
ウンチ踏ん張って出なくて、しっこ??
その後、娘っ子は別の部屋で(トイレで無い所)ウンチを踏ん張ってました。
この時なんとかウンチは出たのですが、娘っ子は疲労困憊。
まるで、全力で数キロ走ったような顔色。

これはただ事ではない。
仕事なんて行っている場合でない!!
今後のことも考えて、「話の繋がる用事」を作り出して朝一で  病院へゴー――。

またまた、キャリーバックの中で大量のおしっこ。
ひょえーー。変だ。
だって、ついさっきソファの上であれだけしたのに。
とにかく、変変変変変変変変変変変 だー。

病院について、掛かり付け医に状況説明。
熱はない、体重が4kgジャスト。えっ??
あれだけ体重が落ちなかったのに、どうして僅か2週間でまた減るの?
掛かり付け医は、この時も体重減についてはさほど問題視しません。

私の心の声「先生、絶対変だからね!!!」

掛かり付け医はおしっこが染みたペットシーツに、何か試験紙?
の様なものをつけて、「んーー」考え込んでいました。
糖・たんぱく等を調べていた様ですが、異常は出ません。

私の心の声「先生!! なんとか言って!!」

掛かり付け医は、いろんな症例を考えていたのです。
まぁ、頭に血が上ってしまった私は、何も言わない掛かり付け医に

 んごーーー。  (激怒) でした。(苦笑)


膀胱炎の疑いも有きでしたが、お腹の中にまだウンチはあるので、まずそれを出す処置をしましょう。
と言うことになり、娘っ子を病院に預けて一旦か帰りました。

どうしても、私の頭に引っかかったのは異様な感じの体重の減りです。
自宅に戻って、4月の体重を確認すると4.55kgです。
わずか3ヵ月で600g減、ご飯はしっかりと食べているのにです。

すぐ病院へ電話をしました。
「体重の減りが気になるので、必要なら血液検査をして下さい。」

この日の夕方、お迎えに行きました。
一緒に帰れるーーーー とルンルン気分で。


まさか、あんな病気になっているとは。



e0256212_2024368.jpg

 がおけた顔の娘っ子。
e0256212_20221450.jpg

 この顔もいつもの顔ではない。 





今思えば、変な事はたくさんありました。

かなり前からは毛皮りの時期になっても、あまり毛が抜けない。
何故かジャンプが出来なくなった。

4月の健康診断時の血液検査では、問題はなかったのですが、このことが起きる2~3ヵ月前位から、娘っ子はよく水を飲むようになっていました。
毛が薄くなった感じそして、皮膚に弾力がなくなった?  など・・・。
[PR]
by maeeam | 2012-04-15 21:01 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)

やっとこさっとこ、春です。

e0256212_21463880.jpg

勤め先近くのビル敷地内に、クロッカスが顔を出していました。

今冬は厳しい寒さが続いた冬でした。
でも、植物は逞しい。

札幌は4月末からゴールデンウィークの頃にかけて、どんどんといろんな花が咲き出します。
殺風景だった街路樹が、どんどんときれいな色になります。

これからの時期本当に爽やかな季節です。
[PR]
by maeeam | 2012-04-14 21:53 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

恋するおばさん  様へ。

恋するおばさん 様へ。
今日は入院3日目でしょうか。
病院の起床時間が早いのは、まぁ良いとしても、就寝時間はとんでもなく早い。
今ごろは、お休みになっているでしょうか、それとも、ベットの中で起きていらっしゃいますか?

今回の入院に踏み切るまでは、本当にいろんなお悩みがあったことと思います。
でも今、ガッチリとシッカリと食い止めて下さい。

手術後は体調が元に戻るまで、時間が掛かると思います。
でも、大丈夫です。
時間薬が元に戻してくれますよ。

私も5年程前に、全く人生予定になかった入院をしました。
不安な日を送りました。
でも、復活! しました。

ファイトです!
ただ、ひとつ 我慢 は絶対にしないで。

入院中の我慢は絶対にしないで下さい。

我慢をすることが、回復を遅らせます。

看護師さんの性格が悪いと(苦笑)、何故か我慢を強いられることがあります。

でも、痛いーー。苦しい――。シンドイーーー。を言って下さい。
我慢は禁止です。


くれぐもお大事にして下さい。
私もみんなと一緒に待ってまーす。
[PR]
by maeeam | 2012-04-11 22:25 | ぶれいくたいむ | Comments(0)

2011年の目標は減薬。

娘っ子が飲んでいるステロイド剤、レダコートをなんとか減らしたい!

お風呂場のクリーニングで思いがけず、ハウスダスト?を退治することが出来たりして、
なんとなーくアトピーの症状が減って来たように思いましたが、

ポツポツが出てくる時は出てくる。
お薬が効いているのか、効いていないのか。
飲んでいるから、この程度で済んでいるのか。
はぁぁーー。

掛かり付け医には昨年(2010年)秋に、減薬の仕方について相談しました。
アトピー症状が出ている時の、減薬は避けることを厳守することが条件で
 ① 1日の投薬量は変えず、1日置きにして飲ませる。
 ② ①でアトピー症状が出て来た場合は、1日の投薬量を半分にして毎日飲ませる。

何度か、試したものの相変わらずアトピー症状は、出たり引っ込んだり。
はぁぁーー。

そして、例のプラズ○マクラスター加湿空気清浄機が、我が家に来たことで          モヤモヤ~ 
悶々~ 
としていた気持がウソの様に無くなっていきました。


アトピー症状が一気になくなったのではありませんが、少しずつ少しずつ確実に良くなって行く感じで、2011年5月~6月頃には週2回お薬を飲まない日が出来たのです!

これは本当にうれしいことでした。
プラズ○クラスターの存在は、頼もしい限りです。

ところがねー、中性脂肪値は下がらないまま・・・。
やはり、お薬の副作用ではないのだろうか。
これ位の減薬では、副作用を抑えることは出来ないのだろうか。

でも、この調子で行けば、もっとお薬を減らすことが出来るかもしれない!!
そうすれば、中性脂肪値も下がってくるかもしれない!!

と、ささやかな期待をしていたのですが・・・。

e0256212_2221438.jpg

え! 何々?? どうしたの?? 続きはいつ??


e0256212_2223435.jpg

パソコンの前で待っているのに。 続きはまだ??



まだだよ。
[PR]
by maeeam | 2012-04-10 22:27 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(0)