<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

頭が真っ白…。

頭が真っ白です。

5月20日(金)の夜、いつもの様に娘っ子に薬を飲ませました。

ふと、
「そうだ、口の中しばらく見てないなぁ」と思いまして、
どれどれ
「あーーーん」 と娘っ子の口を開けました…。

「ん?なんだ?」 
 
奥に赤い物が見えた様な?
なんだろ? とても嫌な感じがして、
もう一度、今度はゆっくりと娘っ子の口を開けました。

喉の奥左側、ちょうど舌の付け根あたりに、
コロンとしたものが出来ています。
私の小指第一関節の3分の1程度の物。


翌日、(5月21日)午後病院へ駆けつけました。
娘っ子は普段鳴かないのですが、病院へ行く車の中では
ずっと鳴きます。
その声が、少し擦れた感じがしました。
「やはり、あの出来物のせいかも。」

診察台にあがって、体重は3.6㎏。
先生は、「変わりないですね。」と言いましたが、
私としては、「また、減っている。」です。

説明をして口の中を診察。
幸いにも娘っ子は、口を開ける事を嫌がりませんので、
「あーーーん。」

先生が一瞬息を飲んだ感じがしました。

「写真を撮るので、もう一度開けてもらえますか。」

はい。「あーーーーん。」
舌で出来物が見えずらいので、私は指で娘っ子の舌を押えました。

その出来物は、喉の奥から手前に出来てきている感じです。
出血や膿んではいません。


先生のお話。

「自分は今まで見たことがないものです。腫瘍には間違いありませんが、
良性でも悪性でも大きくなった場合、食事はもちろん呼吸が出来なくなる
可能性があります。
娘っ子ちゃんの今後を考えれば、切除した方が良いと思います。
まず、CTでどれくらいの大きさなのかを確認した方良いが、
ここにはその設備がありません。
H大獣医学部でセカンドオピニオンを勧めます。」

と…。

高齢なので心配な事は山盛りですが、幸いに内臓に問題がない事や、
嫌がらずに口を開けれる事(これを嫌がると、麻酔になるそうです)また、
元気も食欲もある事から、H大獣医学部でのセカンドオピニオンを受ける事に
しました。


でも、なんで…。
なんで、こんな事に…。
凹んでいます。

札幌は昨日から真夏並みのお天気です。
今日も青空が広がっています。
でも、私の気持ちは暗闇…。


良性である事、切除手術が出来て
絶対に良くなることを祈って、まず検査に行って来ます!


e0256212_114419100.jpg

e0256212_11444840.jpg

「病院は嫌だよー」



e0256212_11452359.jpg

「僕は行かなくていいですね?」
[PR]
by maeeam | 2016-05-22 11:35 | 娘っ子とあき坊 病気 | Comments(2)