2009年12月。

先住猫達とはまだまだ距離感はあるものの、人に対しては少しずつ慣れて行ってくれているように思いました。

日中は人がいないので、ケージの中で過ごしてもらっていたのですが、初めの頃は夕方居間に明かりがつくとかなり興奮して、「シャーー」と怒った事もありました。が、次第に
 
明かりがつく = 人がいる→ ケージから出してもらう。ご飯が出る。

と学習してくれまして、私が外出から戻り居間に明かりがつくと

「あ゛゛゛ーあ゛゛゛゛ーー」と細いしわがれた声で鳴いてくれるようになったんですよ。(嬉)

ご飯を食べた後もグルーミングをしたり、おもちゃで一人遊びをしたり。

また、妹がずいぶんと愛想をしてくれていました。
ただ、妹はお酒を飲んで接する事が多かったので、おっちゃんは少しオッカナイようでしたね。(笑)
写真が小さいのですが、耳がぺったんこになっているのがわかりますか?


e0256212_229195.jpg
 
怖いよー


いろんな制約があったので、一番大変だったのはおっちゃん自身だったよね。

そんな毎日でしたが、食欲のムラとウンチが柔らかいのが気になっていました。
[PR]
by maeeam | 2011-11-06 20:42 | おっちゃん | Comments(0)
<< ぺったりとくっつく。 そして、2009年12月5日(... >>