2011年8月27日~28日。

e0256212_2116219.jpge0256212_2116254.jpg
 







(以下、メモからの転記)

8月27日(土)
再度点滴の為病院。
あー、切なかった。湯たんぽをあててゆっくりと、寝ているおっちゃんをキャリーに入れるのは。
体重は2.38kg ?! 減った。
当たり前か、1週間も口からはろくに物を食べていない。
Y先生からは、今後の治療についての話。
『入院しての点滴治療でも、驚く程の回復にはならない?ならなかった。』
『猫の静脈確保は難しいので、今の場所は月曜日まで持つかわからない。今後の事を考えると、もう1か所は残しておきたいので、万が一今の場所が使えなくなった場合は、皮下注射への切り替えをさせて下さい。』

と言う様な内容だったが、外泊前の説明と少しニュアンスが違う感じがして・・・。
取り合えず、入院して点滴治療を受けることにしたが、なんだか頭がグルグルして考えがまとまらなかった。
自宅に戻って、ぼーーっとTwitterを開くとよくお話させて頂いている、Tさんが相談にのってくれた。そして、おっちゃんのことを考えているようで、結局自分本位の考えになっていたことがわかった。
一番辛いのはおっちやんなのになぁ。

まず、明日の状態を確認して、もし静脈が使えなくなっていれば連れて帰って、月曜日は通院して皮下注射をしてもらう!!


8月28日(日)
朝から暑い1日。
午前10時15分頃病院到着
他の患者さんがいなかったので、すぐ病室へ。
おっちゃん ケージのな中ですくっと座って、こっちをじーーーっと見ている。

Y先生
『順調です。ご飯を入れると自分から寄ってきて食べるようになりました。』
おっちゃんを撫でたかったけれど、そのままケージの外からお見舞いにした。
静脈はそのまま使えるそうなので、予定通り明日までの入院とした。

帰り道歩きながら、もしかしたら私のことわからなかったのかな?
まぁ、それならそれでいいさ!
 明日帰って来たら、一杯撫でまわす!! 
良かった、ついつい顔がほころんでしまった、腕の脱毛したところも毛が生えてきているし。
良かったー。
ただ、以前ネットで相談したN動物病院の先生が言っていたように【エイズ関連症候群】には間違いないのかもしれない、いろんなことが次から次へと起こるし
今後も要注意
[PR]
by maeeam | 2011-12-04 22:09 | おっちゃん | Comments(0)
<< ウィルス性脳炎。 420円温泉。 >>