どんくさい。

実家に行くと、まず王子に挨拶をして、彼を触ります。
撫ぜるのではなくて、異常がないか確認です。


王子は私の事はキライです(苦笑)。
でも、触ります。


王子は嫌がります(苦笑)。
でも、全身触ります。


昨日もいつもの様に、「おはよー」と王子に声を掛けて触りました。
「なんだよー」と言う目線を無視!


「ん? なんだ??」
首筋にコロンとした物があります。
吃驚して、毛をかきわけると・・・。
なんだぁ?
クリーム色した、小豆大のボロンとしたものが付いています。
ちょっと、触った位では全く取れません。
「なんだろ?」
掛かり付け医の待合に貼ってある「マダニ」の写真とよく似ている。
と思いながら「まさかねーー」

母に声を掛けて、「ねーー、これ何だと思う?変なもん付いてるけど?」
「マダニでないよね?」
母も確認して、ちょっと引っ張ってみましたが全く取れません。

母は70数年生きていますが、「マダニ」を見た事ないそうです。
虫はへーーーちゃら世代の母ですが、さすがに気持ち悪そうでした。


なんだか、下手に触らない方が良い様な感じなので、掛かり付け医に電話をしました。
タイミングよく看護士さんが出たので、状況をお話すると。

「マダニであれば吸血させるとポロンと落ちますが、下手に引っ張って口が残ると面倒な事になるので、病院で取り除いた方が安心です。」

と言う訳で午後診察目がけて、車をブーーーン。

やはり、マダニでした。
爺やが庭にリードで繋いだ時に着いたのでしょう。


かかり付け医は慎重に専用器具を使って取り除いてくれました。
当たり前ですが、まだ生きてまして…。口やら手足やらがうにょうにょと動いてました。(ギョ)

その時、掛かり付け医が一言「どんくさいんだねー。」と。
「どんくさい???」
(私の心の声  酷いわ先生!どんくさいなんて!!! 標準より体重が重いだけで、どんくさい!なんて!!)


掛かり付け医の話・・・。
「猫のマダニを取ったのは初めてです。」(掛かり付け医は獣医師20年越えです)
「普通、猫はちょっとした刺激でも敏感に反応するので、虫等が身体に着くとカキカキして落としてしまうのですが、あまり感じなかったかな?」

(私の心の声  なんだ、そう言うことか。)

はぁー、確かに先代猫達でもお外に行く子や、リードで繋いでいる子もいましたが、確かに「マダニ」なんぞつけて来た猫さんはいませんでした・・・。


どんくさい。か・・・。(笑)
e0256212_22372217.jpg



見えづらいですが、「マダニ」が付いています。
e0256212_22381127.jpg



マダニ
[PR]
by maeeam | 2012-07-15 22:45 | 実家の王子 | Comments(0)
<< 王子我が家へ来る。 お気に入りのポーズ??。 >>